あやめフード店

【目的】

世界遺産登録の話題が薄れる中、昨年と比べると30%の来客減少により、経営悪化が感じられ、売上強化策を検討した結果、来客者からの声として、そばを食べる場所がないか聞かれることが多いことから、フード店として取り組むことになりました。

  • そばうどんを基本として、トッピングの種類により品名を決め設定しました。
  • 問題は、たれの味をどのように引き出すか、試行錯誤と知人などからヒントを得て、味が安定するまでおよそ3週間ほどの期間を要し利用者の評価を得ました。
  • 今回は、そばうどん共に既製品を使用していますが、今後アグリ平泉が生産に取り組んでいただけるよう提案し、6次産業化として取り組んでいきたいと思っています。
  • 平成26年10月開業。